ナバホ族のインディアンジュエリー

Pocket

インディアンジュエリーを最初に作り始めたのは、ナバホ族であると言われています。ナバホ族はアメリカのアリゾナ州から、ユタ州、ニューメキシコ州、そしてコロラド州にまたがる居住地を持つ部族です。

ナバホ族はメキシコ人から、銀細工の技術を学んだと言われています。初めは素朴なものを作っていましたが、徐々に自分たちの技法を発達させ、高度なものを作るようになりました。

ナバホ族のインディアンジュエリーは、シンプルで、力強いのが特徴です。サンドキャストやワイヤーワークなどの技法を駆使し、銀にターコイズを使うのが特徴です。ナバホ族のインディアンジュエリーは、男性からも多くの支持を集めています。

「フェザー」はナバホ族の代表的な作品の一つです。イーグルの羽をモチーフとしており、インディアンの祭礼でも使われいました。

「ナジャ」はスカッシュの花をモチーフとしています。丸い独特の形が女性の子宮に似ていることから、子孫を繁栄させるお守りとして、女性が多く身につけます。

「スタンプワーク」は鏨を使い、銀に模様を打ち込む伝統的な技法です。多くの柄の鏨を使って、一つの模様に見えるように、デザインを集約させていくのが特徴です。

This entry was posted in インディアンジュエリー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります