ズニ族のインディアンジュエリー

Pocket

ズニ族族はニューメキシコ州の西部に居住しています。ターコイズや貝殻、サンゴなどを細かく割って、それを銀の土台にはめ込み、幾何学的な模様を作る「インレイ」と呼ばれる技法を得意としています。

青や赤、黒など色とりどりの模様が人気で、これは主に女性に人気となっています。

「ハチドリ」はインディアンにとって、神からのメッセージを運んでくるものとして崇められています。愛や美を象徴するのがハチドリです。

「ターコイズ」は、インディアンジュエリーで非常に多く使われいます。ターコイズはインディアンたちに取って、災いを取り去り、幸福を呼び込むものとして大切にされています。

「インレイワーク」はズニ族に特徴的な技法です。幾何学的な模様により、インディアンたちの世界観を表していると言われています。

「フェニックス」も、ズニ族のインディアンジュエリーで繰り返しデザインされます。

「ミッキー」は、ズニ族のインディアンジュエリーで、非常に人気のデザインです。いわゆるミッキーマウスを、インレイの技法でデザインしたもので、人気のため、なかなか手に入れることが難しいと言われています。

「珊瑚」は、ズニ族で非常によく使われます。

Comments are closed.