ホピ族のインディアンジュエリー

Pocket

ホピ族はアリゾナ州の北東に居住しています。小さな部族ですが、アメリカ最古のインディアンとも呼ばれています。千年以上の歴史があると言われています。「ホピ」とはインディアンの言葉で、「平和の人」を意味します。

ホピ族のインディアンジュエリーは、「オーバーレイ」と呼ばれる、2枚の銀板を重ねることにより、模様を浮き上がらせる技法、それから「インレイ」という、ターコイズや珊瑚などを銀の台座にはめ込む技法を得意とします。

「イーグル」は、最も高い上空を飛べることができる鳥だと言われています。インディアンたちにとってイーグルは、神と交信する存在で、儀式の中に必ず登場してきます。

「ココベリ」は精霊です。縦笛を吹きながら、雨雲をつれてきます。雨を降らせる精霊であると、インディアンから信じられています。

「サンフェイス」は太陽を表す神です。幸せ、そして喜びを象徴します。

「マン・イン・メイス」は、その複雑な模様により、インディアンたちの世界観を表していると言われます。

「タートル」は、インディアンたちにとり「母なる大地」を象徴します。

「ベアー」は、大自然の象徴で、豊かな実りを表していると言われています。

Comments are closed.